White Notes

News

13th
March
2011

グローバルマーケットトレンド(2011/2/28-3/4)

中国大手オンラインゲームのShanda Interactive Entertainmentが2010年第4四半期の決算を発表した。第4四半期の利益は前年同期比で-65%の大幅な減少となったものの、市場予想を上回っていたために、株価への影響は限定的だった。

財務業績を振り返ると、2010年はShanda Interactiveにとって非常に困難な年だったといえる。2009年まで右肩上がりの成長を続けていた売上が、2010年第1四半期において減収に転じ、株価の下落圧力となった。その後、売上は回復したものの、第3四半期以降は同業他社のNeteaseに逆転されており、「中国最大手のオンラインゲーム会社」ではなくなっている。さらに深刻なのは、利益率の低下であり、営業利益率は2010年以降減少しており、Neteaseとの差が明らかとなっている。

Shanda Interactiveの今期予想株価収益率(PER)は25.0倍で、Neteaseの14.3倍を大きく上回っており、市場はShanda Interactiveの利益率回復を織り込んでいる可能性もあるだろう。

8th
February
2011

アジアニュースヘッドライン(2011/1/31-2011/2/4)

[中国]

2011/1/30
Shanghai Film Group(SFG)の2010年の営業利益は20億元(前年比24.3%増)となった。SFGが製作した歴史大作映画”Sacrifice(趙氏孤兒)は2010年末に公開され2億元以上の収益をあげている。SFGはより広範な地域の観客層に楽しんでもらえるように、様々な映画作品に対して継続的に投資を実施していく。

2011/1/31
Sohuの子会社でNasdaqに上場しているオンラインゲーム会社Changyou.comが、Jingmao Film Mediaの残りの株式(50%)を買収し完全子会社としたことを発表した。Jingmaoは全国の300の映画館で独占的に広告を行うライセンスを保有しており、Changyouはこのライセンスを活用して自社のゲーム製品のプロモーションを行うとしている。Changyou.comの2010年第4四半期の営業利益が91.7百万ドルと好調な業績となっている。

[香港]

2011/2/4
中国インターネット企業最大手のTencent Holdingsが米国のオンラインゲーム企業Riot Gamesの株式を取得した。詳細は明らかにされていないが、Tencentは過半数以上の株式に対して350百万ドル以上の金額を支払ったと憶測されている。6億人を超えるユーザーを持つTencentには、魅力のあるゲームコンテンツを獲得することで、ライバルのShanda GamesやNetEaseなどとの競争で優位にたちたいとの狙いがある。

8th
February
2011

グローバルマーケットトレンド(2011/1/31-2/4)

先週のグローバル市場では、MEC業界の2010年決算の速報が発表され始め、本格的な業績回復の傾向が見られた。

1日、米ゲーム会社Electronic Artsの2010年12月(第3四半期)決算内容が市場予想を上回ったことから、同社の株価は急騰し前週末比+21.5%となった。
特にソーシャルゲームなどのデジタルゲーム部門の成長が著しく、同部門の第3四半期売上高は前年同期に比べ39%増加している。また、決算と同時に発表した600百万ドル相当の自己株買いも、市場ではポジティブに受け止められた模様。

2日、メディアコングロマリットのTime Warner Inc.の2010年12月(第4四半期)決算を発表した。映画「ハリー・ポッター」の最新作やテレビ広告収入を追い風に、前年同期比で売上高は+8.3%、営業利益は+14.3%となり、株価は前週末比+13.2%と上昇した。
会社全体では増収増益となっているが、事業セグメント別では状況が異なるので注意が必要である。

Time Warnerの2つの主力事業、番組関連のNetworks事業と映画コンテンツのFilmed Entertainment事業はともに増収ではあるものの、営業利益についてはNetworks事業が大幅な増加となっている一方で、Filmed Entertainment事業は減少している。
これは、最近のメディアコングロマリット企業全般にいえることだが、広告市場の本格的な回復によってNetworks事業は利益率が改善している一方で、Filmed Entertainment事業はこれまでドル箱だったDVDなどパッケージ市場からの収入が落ち込んでいるためである。

8日にはメディアコングロマリット最大手Walt Disneyの決算が発表される。米国のメディア及びエンタテインメント市場に関する全体像をつかむ上で、同社の決算内容に注目が集まる。

24th
January
2011

アジアニュースヘッドライン(2011/1/17-2011/1/21)

[中国]
2011/1/18
中国のIPTV運営の最大手Bestv.comは、SVA Information Industry(電子機器メーカー)を活用した「裏口上場」の手法で上場を果たす模様。Bestv.comは3つのネット(通信ネットワーク、放送ネットワーク、インターネット)を融合したサービスをいち早く提供したことで知られる。この上場プロセスを進めるために、SVAは現在、Bestv.comの親会社である上海メディアグループとの間で資本構成のリストラを行っているところである。

2011/1/19
Youku.comは2010年に中国で成績が良かった映画作品をペイパービュー方式により有料提供するべく、CCTV6の映画部門と合意した。同社の競合であるKu6.comも最近有料チャネルを開始しており、インターネットでの映画視聴に対し課金する傾向が中国国内であらわれ始めている。

2011/1/19
中国の衛星テレビ運営会社4社は、ウェブTV業者が中国の名作「水滸伝」の新ドラマを衛星テレビでの放映スケジュールよりも8カ月前倒しで放映していることに対し抗議をしている。このテレビドラマの流通業者は、10局以上の地上波テレビ局で放映された今年の1月時点で、ウェブTVによる配信権(3年間)は合法であると主張しながらも、衛星テレビ運営会社は即時の配信停止を求めている。

[台湾]
2011/1/21
投資会社カーライルが台湾のケーブルTV会社kbro Limited(旧名Eastern Multimedia Company)の株式61%を売却するのではないかと憶測されている。Kbroの2010年の売上高は51億台湾ドル、EBITAは15億台湾ドルにのぼる。現在純資産は27.5億台湾ドルとされているが、売却価格は当初カーライルが支払った金額の8倍の120億台湾ドルに達するのではないかと想定されている。

[韓国]
2011/1/19
韓国の玩具メーカー大手ソノコン(Sonokong Co., Ltd.)と日本のタカラトミーがテレビアニメの製作で提携する。提携の第一作目は女児向けの「プリティーリズム」で、4月から日本で放映を開始し、韓国では今夏から放映する。製作費用は7-8億円程度とされており、両社や出版社など計8社が負担する。

24th
January
2011

グローバルマーケットトレンド(2011/1/17-1/21):ComcastによるNBCユニバーサル買収がついに承認

先週のグローバル株式市場は、18日にS&P500指数が2008年9月以来の最高値を更新したものの、週後半にかけて軟調に推移した。

18日、米国当局は米国最大のケーブルTV会社ComcastによるNBCユニバーサルの買収を承認した。2009年末の公表から1年以上の審査を経てようやく承認となったこともあり、本買収案件への注目度は非常に高く、各報道機関のニュースでは「米国最大のメディア誕生」との評価をされている。

株式市場は本買収案件についてどのような評価をしていたのだろうか?

一つの切り口として、Comcast及び同業他社のTime Warner CableとCablevision及びS&P500指数の過去1年間の株価の推移を比較した。(2010年1月2日の株価を100として指数化)

本買収案件の発表以降、Comcastの株価はTime Warner CableやCablevisionに対しアンダーパフォームしている。

 

今期予想株価収益率(PER

今期予想EV/EBITDA倍率

Comcast

18.7

6.3

Time Warner Cable

18.8

6.5

Cablevision

26.5

na

現在のTime Warner Cableは、2009年3月にメディアコングロマリットのTime Warner Inc.から分離された経緯があり、事業戦略の方向性としてはケーブルTVとコンテンツが融合するComcastのケースと逆のベクトルを持っているといえる。
ComcastとTime Warner Cableのバリエーションがほぼ同じ水準であるということは、ケーブルTVとコンテンツの融合が生み出すシナジー効果について、市場は現時点では冷静に評価している可能性がある。

14日、2010年第4四半期の業績について下方修正を発表したCoinstar Incの株価が急落し、1日で30.7%の下落となった。傘下のRedbox社が行うDVD/BDキオスクレンタル事業がさえず、第4四半期の純利益を従来の予想から約20%引き下げた。
同社の説明によると、メジャーなハリウッドスタジオとの合意内容、28-day delay(セル開始日から28日後にレンタルを開始する取り決め)が影響した模様。

  • 2018年11月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Language

fake franck-muller watches  fake hublot watches  fake panerai watches  fake bvlgari watches  fake patek-philippe watches  fake montblanc watches  fake longines watches  fake hermes watches  fake audemars piguet watches  fake vacheron constantin watches